子どもたちへのレッスンの実習を通して
リトミックの指導法を実践的に学べます!

子どたちとのレッスンや研究生の授業の様子を
一度見学にいらしてみませんか?

研究生の声 篠原さん

 <篠原さん・東京>
sinohara2.jpg
Q. 現在、どのようなお仕事をされていますか?
A. 音楽教室や幼稚園でリトミックとピアノの指導をしています。

Q. 研究所に入られたきっかけを教えてください。
A. 勤務先で、実際の子どもの指導が見ながら勉強できるし、自分の音楽の勉強が続けられると、すすめられて入りました。

Q. 実際に入られていかがですか?
A. 研究所ではリズムとソルフェージュ、アカデミーでは実際に子ども達の様子を見ながら、バランスよく学べるところがいいですね。ソルフェージュは、大学時代(ピアノ専攻)に学んだことの復習と発展になっています。
 
Q. 研究生の皆さんはとても仲が良いそうですね?
A. はい、いつも、仕事の話やレッスンの話などいろいろ相談できて嬉しいです。
posted by リトミック at 00:00 | 研究生の声

研究生の声 楠田さん

 <楠田千代子さん・神奈川>
kusuda.jpg
楠田さんは現在、幼児教育者育成校でリトミックの指導をされています。

Q. 研究所に入られたきっかけを教えてください。
A. 仕事先でリトミックを知り、カルチャーセンターで江崎先生のリトミック講座を受講しました。カルチャーセンターで何年か受講する中で、本格的にリトミックを学ぼうと決心し、研究所に入りました。

Q. 実際に入られていかがですか?
A.  たくさんの講習会がいろいろな場所で開催されていますが、不定期なので継続して学ぶことが出来ません。
この研究所は毎週積み重ねて学べ、初級、中級、上級と基礎的な力を徐々に身につけていけることが大きなメリットです。

それから、アカデミー(子どものリトミック教室)と研究所の2部構成で学べるので、指導法と並行して自分の音楽力を高めることができ、理想的な学びの場だと思っています。
posted by リトミック at 10:33 | 研究生の声

研究生の声 安田さん

 <安田里帆さん・東京>
yasuda.jpg
安田さんは現在、幼稚園の課外授業や区の子育て支援の活動でリトミックの指導をされています。

Q. 研究所に入られたきっかけを教えてください。
A. 大学に入ってリトミックを学びました。大学のゼミの仲間を子どもに見立てて模擬レッスンをしますが、実際の子どものレッスンとの違いが分かりませんでした。教育実習も中学か高校でしたし、1年間のゼミだけだと、子どもの指導方法もよく分かりませんでした。それで、もっと勉強したいと思ったのがきっかけです。

Q. 研究所に入られて、アカデミーの子どものレッスンを見ていかがでしたか?
A. 始めは子どもへの話しかけ方から、接し方まで分かりませんでした。
先生方のレッスンのアシスタントも、どう動いていいのか分からず、周りの研究生を見て、まねしていました。
研究所で学び続ける内にだんだん分かってきて、今は子ども達との関わりが楽しくなっています。

Q. 研究所のどんなところがおすすめですか?
A. まず、自分のペースで学べるところがいいです。それから、先生方や他の研究生のレッスンが見られる事が、とても勉強になります。質問や相談などある時に、すぐに先生方や研究生の方とお話できるのもうれしいですね。
posted by リトミック at 00:00 | 研究生の声
Copyright © rythmique-jp.net